名古屋地域の交通事故被害者を救済するために

人身と物損事故の違いを知っていますか?

キャプチャ3交通事故には人身事故物損事故の2つがあります。
もちろん人身事故の場合には相手が怪我をしていたりするので、その分の保証問題に関しても大きくなり、さらには加害者側が受ける処分についても重くなります。
一方物損事故の場合には車や物が破損してしまうといった場合と、加害者が自分自身で怪我してしまう以外にはしまうだけで被害者となってしまう人はいないので、このような意味では保証問題をはじめとして加害者側の責任問題もさほど大きなものではありません。

実際に交通事故を起こしてしまった際の警察の扱い等に関しても物損事故であれば、ある程度の現場検証が行われその時点で終了になりますが、人身事故の場合には、現場検証だけではなく処分に関してもさまざまな分野で考えていかなくてはなりません。
また物損事故の場合には上記のように加害者に課せられる責任もさほど多くありませんが、それでもやはり破損物が出てしまった場合には、しっかりと保証しなければなりませんので例えばハンドルを切り間違えてどこかのお宅に車ごと突っ込んでしまったという場合や、電柱を倒してしまった場合このほかにもカーブミラーやガードレールなどを傷つけてしまったといった場合には、全て保証しなければなりません。

その場から立ち去ってしまうことがあっても、後になって何かしら証拠が上がってくればすべての責任を問われてしまい、しっかり保証しなければなりませんので物損事故であってもその場で警察に届け出ることが大切になります。
当然ですが誰かのお宅に車ごと突っ込んでしまったなどといった場合には、そのお宅との間で保証問題が発生するので、このような部分でも自分が保険に加入していれば保険を使用することや加入していなければ、弁護士を通じて双方で話し合いをしていかなくてはなりません。

どこかのお宅に突っ込んでしまった場合でも、壁の一部分だけが破損してしまったといったケースや壁が全て壊れてしまい、さらには駐車スペースに停めてあった車には傷がついてしまったといったケースでは大きな違いがあります。
最終的にはすべて保証をしなければならないのですが、どのような事故なのかで保証する金額なども変わってきます。
人身事故においては当然被害者がいるので、被害者に対しての保証面で様々な話し合いをしていかなくてはなりません。
ここでもやはり任意保険に加入していれば、被害者に対しての保証も保険の中から、基本的には行われるのですが、重い後遺障害が残ってしまったなどの場合には保険だけでは適用するのが難しくなるため、その後は加害者が自腹を切って先方に保証しなければなりません。

その他にも被害者が仕事を休んで病院に通っていた期間なども保証しなければならず、保険に加入していなかった場合には、加害者が全て自腹で保証で行っていく事になります。
車の運転やバイクの運転などをするからにはこれだけの責任があるため任意保険には可能な限り加入しておいた方が良いと言われているのですが、それでも月々の保険料の支払いが厳しいからと加入していないいない人もいるようです。
しかし実際に事故が起きてしまうことになれば、月々数千円といった保険料を支払わなかったばかりに数百万円単位での保証をしなければならないケースがあります。

人身事故と物損事故では、上記のように大きな違いがありますが、相手の車に人が乗っているといったケースや歩行者又は自転車に乗っている人との事故の場合には必ず人身事故になります。
一方駐車場に停めてあった車に自分自身が車をぶつけてしまったといった場合には、物損事故になりますが、こうした場合でも絶対にその場から立ち去るのではなく、運転手さんが戻ってくるまで待ち、必ずその場でしっかりとした話し合いを行うことと、警察を呼ぶことが重要になります。
その場を立ち去ってしまうようなことがあれば後になって、当て逃げして見つかってしまう可能性があり、そうなれば自分に課せられる処分面での責任も大きなものとなってしまいます。