名古屋地域の交通事故被害者を救済するために

交通事故の加害者からの脅し

公園自分自身が交通事故の被害者になってしまった場合には加害者が任意保険に加入しているかどうかはとても大きな問題となります。
保険に加入していれば多くの場合で、保険会社から保証を受けることができますので、あまり問題はないと言えるでしょう。
後遺症についてなどのトラブルが発生しない限り、ある程度は満足のできる結果となることがほとんどです。

しかし加害者側が保険に加入しなかった場合や悪質な保険会社とグルになっていた場合などでは加害者側から脅しをかけられてしまうこともあります。
その内容というのは被害者側として自分の過失が大きくなるように自分でも運転中に不注意があったと証言しろと脅されることや、その後怪我をしてしまい、病院などに通っていてもいつまでも痛いふりをしてわざとらしいことはせず、痛みや怪我などはほとんどないと証言しろなどといったものになります。

また交通事故の被害者になってしまった際には、根本的に検察側から加害者に対しての車種を厳しくするのか比較的緩やな処罰で良いのかといった内容が確認されるのですが、このような内容についても厳しくせず、簡単な対処で良いと言えなどと脅されてしまうケースもあります。
毎日のように携帯電話や自宅などに電話があり、病院に行くのをやめろと嫌がらせを受けたり、まるでわざとらしく病院通いをしているように自宅の外で大きな声を出されてしまうのだということもあります。

このような嫌がらせ、そして脅しなどを受けると、どうしてもこのような状態から抜け出したいと思うため自分が被害者であっても泣き寝入りをしてしまう人がいるようです。
しかしここで泣き寝入りをしてしまい、自分自身がしっかりとした保証を受けることができなければその後困るのは自分ですから、このような脅しには屈することなく警察や弁護士に対処を求めるようにしましょう。

そもそも加害者が被害者側に脅しをかけるなどというのは法律的に認められているものではなく、交通事故での責任とは別な部分で被害者側は精神的に受けたダメージにより慰謝料の請求をすることができるケースもあります。
また上記の通り交通事故によるけがやその他、通院によって仕事を休んだ期間などについてもしっかり保証を受けるため、相手からの脅しなどには一切応じず、万が一にでもこのような脅しがあればすぐさま警察に連絡を入れるようにしましょう。

そして脅しがあった際にはできる限り内容を録音しておくことや、自分なりにメモにまとめておくなどといった取り組みが必要になります。
証拠がたくさんあればあるほどに話し合いを進めていく上で自分自身も困らず慰謝料請求などもしやすくなります。
ただし自分自身が何とか解決しようと加害者に対して対立してしまうと、更に嫌がらせなどがエスカレートしたりご家族にも迷惑がかかってしまうようなことがあるため、こうした部分でご家族を不安にさせないためにもやはり早い段階でしかるべき機関へ相談することが大切になります。

加害者が任意保険に加入している場合でもこのようにトラブルとなるケースがありますが、その場合には保険会社へご連絡を入れるようにしましょう。
どんなに嫌がらせを受けることがあっても自分自身が受けるべき保証はしっかりと受けるべきですので、不当な脅しなどには応じず毅然とした態度を貫いていくべきです。
万が一にでも脅しに応じてしまい自分が不利になるような証言をしてしまったりすると、そういった証言が全て残りその後、自分自身が最初にも書いたとおり泣き寝入りをしなければならない状況に陥ってしまうことがあります。

保険会社が介入している場合には、先方から直接の連絡があった時点ですぐに保険会社に連絡を入れること、そして万が一にでも脅しだとされるような内容で話をされたり、留守番電話にメッセージを残されたりすることがあれば保証会社だけではなく、警察と弁護士にも相談するようにしましょう。
警察は基本的に民事介入暴は行いませんのであくまでも報告、そして相談という形なりますが、あまりにも悪質ならば取りしまってくれます。
また弁護士であればこのような被害加害者側の行為について、法律的な立場から接近の禁止慰謝料請求などを行っていく際にとても頼りになる存在となります。